物流

物流

チャレンジ

物流事業者にとって車両は重要な資産です。数量の多寡に関わらず、車両管理と物流運営は密接に関連しています。物流事業者は数十台、或いは百台以上もの車両を同時に管理する必要があります。しかも各車両は担当ルートが毎日異なり、ドライバーの運転状況もそれぞれ違います。車両運行管理者にとって、車両のリアルタイムの状況を効果的に管理、把握し、車両運用の最適化を図ることは最大の挑戦となります。

解決

Atrackが車両向けに設計したGPSトラッカーシリーズは、2G、3G、4G LET Cat.1、4G LTE Cat M.1通信により、数百台の車両の状態をリアルタイムで把握することができます。リアルタイムの位置情報、時速、走行距離、車両ドライバーとその行動、例えばアイドリング、スピード違反、急ブレーキ、迂回など、好ましくない行いがないかを含みます。

また、ATrackは各種センサーを統合することで、管理者が燃費、温度、タイヤ圧などを遠隔で監視し、車両状態を把握できるようにします。同時に、ドライバーが走行中に緊急の事故に遭遇した時、GPSトラッカー搭載のカメラで事故現場を復元することもできます。また緊急ボタンや双方向音声機能により、コントロールセンターと直ちに連絡し、より迅速に救援することができます。

応用

利点

  • 管理効率の向上:大量の車両をリアルタイムで追跡、配置し、各ドライバーの状態を把握すると同時に、車両運用の最適化が可能です
  • コスト削減:走行距離と燃費状況を効率的にコントロールして、不必要な浪費を減らします
  • 安全性の向上:災害発生時に緊急ボタンで即時通報し、より迅速な救援ができると同時に、カメラの記録により、事故の過程を復元することができます。

Other Industries

もっと知りたいですか?

お問い合わせ

当社はcookieやその他のトラッキング技術を使用して、当サイトにおけるお客様のブラウジング体験を向上させ、トラフィックを分析し、訪問者のアクセス元を確認しています。また、当社の個人情報保護ポリシーもご一読ください。「同意します」を選択されますと、お客様は当社によるcookieとその他トラッキング技術の使用を承諾したと見なします。